インプラントの歴史

smile beauty by teeth

意外と深いインプラントの歴史

インプラント治療は、歯科治療の中でも比較的新しい技術として認知している人が多いと思います。 しかし実際には、インプラント治療の歴史が意外と深いものです。 広い意味で言うと、紀元前3年頃にヨーロッパで鉄製のインプラントがしようされていた説もあります。 現在のインプラント治療に関しては、1952年にスウェーデンの研究者により偶然発見されることになります。 それは、ウサギの骨に埋め込んだ器具が取り出せなかったことです。 これをきっかけに研究を進め、チタンが最も身体に影響を与えることがないとわかりました。 その後も様々な研究を重ね、1965年に現在のネジのような形状のインプラントで人への臨床が始まりました。 1980年頃には臨床結果が評価され、歯科医での治療に取り入れられるようになりました。

これから期待されるインプラント治療

日本においてインプラント治療が一般多的になったのはここ10年くらいのことだと思います。 インプラントは新しい治療法として注目され、近年急速に発展しています。 インプラントのメリットは、審美性や機能性が優れていることです。 どちらの面から見ても、自歯とほぼ変わらない役割を果たします。 また、ブリッジ治療などとに比べて隣の歯への影響がないこともインプラント治療の大きなメリットだと思います。 しかし、これからインプラント治療より良いのもにするにはの治療期間の短縮が課題になるのではないでしょうか。 長期間の治療は患者の身体に負担をかけます。 また精神面でもストレスを与える可能性もあります。 短期間での治療が可能になれば、インプラントの需要は今後確実に高まります。