歯を綺麗にするために

good teeth

かかりつけ医に歯科医も増やすと便利です。

健康な歯と口内環境は幼いころからの習慣と定期的なチェックが大切です。 大人になれば充分自分で習慣づける事が出来るので、幼いころは親をはじめとした周囲の大人が毎日続けられるように誘導してあげると良いでしょう。 その大きな手助けとなるのが歯科医です。 小学校にあがれば学校での定期健診がありますが、学校にはいるまでの幼少期は親と周囲の大人そしてかかりつけの歯科医がよい連携をもって子供の歯と健康をまもってあげる事になります。 最初の1本目の歯がはえはじめたら、保健所や医療機関と親が連携をとりはじめましょう。 かかりつけ医には内科小児科の他に歯科医を身近に相談が出来る存在にすると良いでしょう。 いずれも治療は当然ですが、予防の力を入れている医療科目の医者です。

最初の1本が生えたら周囲がしっかりと気配りを。

毎日しっかりとご飯を食べる、そして成長するという子供の生活のおおもとになるのは健康な歯で食べ物をちゃんと噛んで食べられるという状況です。 その為には毎日の生活の中で歯磨きとうがい、元気でいるには何が大事なのかを子供に楽しく身につけて習慣にしてもらう事が確実な方法です。 子供の成長にあわせた歯磨きの方法や、歯ブラシやフロスなどの疑問などにも歯科医は具体的にこたえる事が出来るので、自宅や親子で行動する距離内に1軒かかりつけを作っておくと良いでしょう。 歯磨きやうがいといった歯科での予防の行動は風邪などの人から人へ感染する病気を予防する事にもなるので健康面ではさらに効果が高い習慣です。 子供の成長にあわせた具体的な方法を親にわかりやすく提案するのは保健所やかかりつけ医が最も身近に活用しやすい存在ですので、そういう意味でも気軽に相談できるようにしておくと、より安心です。